病院

内科で病気を退治しよう|病気がおののく体へ

背骨の疾患からの回復

男女

日常生活への復帰の工夫

背骨の中で神経が通っている脊柱管が圧迫される病を脊柱管狭窄症と呼びます。老化が原因で発症することが多く、近年では高齢化に伴い患者数が増えています。脊柱管狭窄症では、手術を行った場合にリハビリが必要となります。リハビリのポイントとして、退院後のケアが挙げられます。手術後は病院で歩行が可能になるレベルまでのリハビリを行って退院となることが多く、家事などの動作には自分で慣れる必要があります。日常生活をしっかりと取り戻すにあたって、自分でリハビリの計画を立てることが有効です。脊柱管狭窄症の手術は予後が良いとされるため、いつまでに何ができるようになりたいかを明確にすることで、日常生活への復帰の可能性は十分にあります。計画は適宜修正しつつ、無理なく進めることが大切です。

回復方法への関心の高まり

脊柱管狭窄症は全身に症状が出る疾患であり、患者数も増えていることから、特に大掛かりなイメージのある手術後のリハビリに対する関心が高まっています。近年の脊柱管狭窄症の手術は、オペ自体も短時間で終わることが多く、更に退院までの期間も短くなっています。完全に以前の生活を取り戻すまではしばらく通院が必要となりますが、手術後の入院期間を最小限に収め、リハビリは自宅で行いたいという患者も多いです。実際、自宅でのリハビリはリラックスして行え、生活に直結している動作を繰り返し練習することができるので、効果的と言われています。医師が自宅でのリハビリを積極的に勧めることもあり、脊柱管狭窄症のリハビリについて、多くの人が関心を持ってきていると言えます。